Information

モイスティーヌの新着情報とお知らせ

2016/06/23 女性ホルモンって(*'▽')?



女性は

月経に伴う女性ホルモンの変化(月経周期)の中で生活している為、


一生を通して女性ホルモンに大きな影響を受けています。




その女性ホルモンには


エストロゲン と プロゲステロン があり、


この2つがバランス良く分泌されることで、

女性の心身の健康は保たれています。





エストロゲン(卵胞ホルモン)


排卵の準備をするホルモンで、

月経の終わり頃から排卵前にかけて(卵胞期)分泌が高まります。

またコレステロールを抑えたり、肌の新陳代謝を促進する働きがあります。





プロゲステロン(黄体ホルモン)



排卵から次の月経までの間(黄体期)に、卵胞(黄体)から分泌されます。

体に水分を保持したり、食欲を増進させる働きも持っています。







その女性ホルモンは、お肌にも大きく作用しています。



特に皮膚や骨は

エストロゲンの働きかけによって、強さ、しなやかさが保たれています。

エストロゲンには、

肌の保湿に重要なコラーゲンやヒアルロン酸を作る役割があります。

その為、エストロゲンの分泌が増加する卵胞期は、

肌にハリが出て、潤いも戻り、血色も良くなります。




エストロゲンの分泌が盛んな若い時期は

肌がみずみずしくハリがありますが、

年齢と共に分泌量が減少する為、

それに伴って肌はカサつき、シワやタルミも目立ってくるのです(=_=)




またプロゲステロンの分泌が増加する黄体期は、

皮脂の分泌やメラニンの働きが活発になるため、

肌のトラブルが起きやすくなります。

皮脂はニキビや吹き出物の原因となり、


メラニン色素の生成が増える為、シミ・ソバカスが濃くなります。


シミやソバカスを定着させないためにも、


黄体期には更にしっかりとした紫外線対策が必要ですね!





そんな女性ホルモンのバランスを崩してしまう原因として・・・


①ストレス

視床下部へのストレスにより、

女性ホルモンの分泌命令が卵巣に届かなくなる



②骨盤の歪み


卵巣の血管が圧迫されて、女性ホルモンが出にくくなる



③無理なダイエット


急激な体重の減少により、女性ホルモンの分泌が低下する




一度バランスが崩れると、

元にもどるまで数年かかっています場合もあります(´・ω・`)


心と体をリラックスさせ、

ホルモン分泌を正常に保つよう心掛けましょう(^^♪




心と身体をリラックスする

おススメのアイテムがこちら(*'ω'*)💛






お風呂の美容器 モイスチャーバス です(^◇^)♡



美容成分たっぷりの入浴剤と共に


お風呂に入りながら、

キレイ&リラックス出来るという優れもの★★★




今の汗ばむ季節だからこそ、

ゆっくり湯船に浸かって、日頃のお疲れを癒しましょう~♪



ご愛用者様の声美容体験のご案内モイスティーヌ ラミノモイスティーヌ モイスチャーバス モイスティーヌfacebookモイスティーヌinstagram
Copyright Moisteane SAGA Sales Co.,Ltd.All Rights Reserved.